忍者ブログ

ついついなまけてしまうB型体質の絵描き左右のブログ★特別なひとに特別なアートを贈ろう★
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[10/06 左右]
[10/06 なを☆]
[08/17 左右]
[08/15 ばにシュクまま]
[08/14 SZK]
[08/13 左右]
[08/13 左右]
[08/11 y39]
[08/07 mika]
[07/31 左右]

12.12.23:08

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/12/23:08

10.13.02:19

乗り越える




自分には、スランプがありました

いや、いつも隣り合わせにあるけど。




あの時は、ホントに何のアイディアも

描きたいものもなかった。

浮かばなかった。



やりたいことが無かった。
楽しみも、なんも無かった。



そんな時、ひねり出して絵を描かなければいけなかった。
描きたくないのに、課題だから。。。



なんでもいい。
とりあえず、キラキラしたものがいいな。
笑っている女の子も描こう。



そうやって できた。




今の自分が見ても、ちょっと恥ずかしいくらい
技術をまったく活かしていないと思う。



ほんとに。



けれど、ある時、すごーく時間がたって、

人の目に着く場所においた。



一年以上前に。




その絵を自分の手元以外で
また目にすることとなった。




友人の携帯の待ちうけになっていた。




衝撃だった。



自分の中では、初めて書き直したいと思ったほどの作品を




彼女はとても気に入ってくれていた。










絵の価値は自分が決めるもんじゃないんだ。



価値の無かった絵も
誰かが100万円といえば

それは100万円の価値のある絵になる。







わたしは、最近、その友人に、その絵を渡しました。




自分が持っているよりも、

ホントに好きでいてくれる人のそばで
一番価値を持たせてくれるひとのそばで

その人の、人生の一部になれたら


それが本望だと思ったから。







わたしも、ホントに自分を好きでいてくれるひとのそばで
その人の 人生の一部になりたいです。





これからも、誰かの人生の一部となる

気持ちの込めた絵を描きたい。




おやすみなさい。


PR

10.12.20:20

石から砂


人と距離を置くと


その人がどんな人か


自分の中でどんな存在なのか


よく見える。





近くにいると見えないのに

遠くからだとよく見える。




今まで築いたものが

削れていく。




それを見て見ぬふりをして

気づかぬふりをしていると


もっと深く削れていく。





時間は何も解決しない。



もう修復できないくらい深く削れるだけ。





かどが取れ 丸くなっても



小さな存在となってしまう。







朝の海は



いつも考えさせてくれる。








10.12.11:55

魚はあぶったイカでいい…



おごられたら、その分をまた違う人におごってあげればいい。
お金は天下のまわりもの。





ほほぅ。
ビックな言葉ですねー。






おごってくれた人に、今度おごりますってのは
お金の動きを止めている。



なるほどービックな言葉だー。





偶然出会った人におごられたとき、そのひとが言っていたそうです。
もう二度と会わないかもしれないのに。


すげぇなあ!そんなこと言える大人になりたい!



さて、話は変わり、


見知らぬお店にひょっこり入りました

そしたら、そこは雑誌にものった有名店でした!衝撃!

値段はまぁそこそこで、お酒も、料理も、
ハズレナシですごーーーくおいしい!!!



左右はそういうものに関して鼻が利くらしいです!


ふふん!



10.09.01:32

大切なことは省略しちゃいけない


現代は、言葉を略すことが多いです。


チョベリバ からはじまり…




RPG





ETC






GTO…







自分も、よく会話中に略してしまいます。




主語を。




相手にはまったく伝わって無いときがあります。

困りますね。




自分はなんでもよく話すほうです。

でも、主語が無いため思いを伝えきれず
不快な思いをさせることもありました。


略しちゃいけないこともありますね。







これもね。


10.08.23:01

庭BAR 報告



夏はイベントラッシュでした


弘前の土手町では
「庭BAR」という

浴衣をきて音楽を聴いてお酒をのみましょう。ゆったりと。

と、くちで説明するとこんな感じのイベント。



去年はDENEGAの庭でありました!



今回は、ブランメルという服屋さんの二階にある
前は、カフェだった、レトロでクラシックなおしゃれ空間。










キャンドルの光が




よりいっそう惹きたてます。






浴衣もマッチするんですよねー







自分は浴衣をスカート風にアレンジして
奇抜でしたw





こんな風に癒しの空間でした!






こんな素敵な部屋に住みたいです…





最後に





他人とは思えないいいものがありました








DEPPA。

10.07.00:51

8月 ホントふわふわ…みんなかわいい…

8月にドッグガーデンの夏祭りに参加し、
たくさんのワンチャンとそのパパさまとママさまに
左右の似顔絵を見ていただきました!


会場に用意していったサンプルはこれ↓↓



ポストカードサイズです☆


当日は、色紙の大中小とハガキサイズを準備しました。



おかげさまで、大盛況で、色紙のほうはあっというまに
みなさまの愛犬の似顔絵に変身し売り切れになりました!


予想以上でした!



そして、イベント時間内に描き終えることができない作品もあり…


優しいお客様のおかげで、後日、受け渡しまでさせていただきました。




自分の未熟さゆえ、
ご迷惑をおかけしました。


でも、本当にうれしい反響、うれしい悲鳴で、


帰宅の車で、半べそで、泣きじゃくって帰りました★



そしてうれしいことに、

皆さんのブログにもアップしていただきました!!
幸せです。




まだ、未熟なわたしですが、
パステルでカラフルに色づいた両手をみて、
なんともいえない感動を覚えました。




協力してくださいました関係者のみなさま
お客様、かわいらしいワンチャンたち、
そして、店長であり、友人である…あかさん!



本当にありがとうございました。



さて、似顔絵を…と思ったのですが



画像がうまく残っておらず…



左右なりに、資料として撮影させていただいた写真を編集して紹介します。ご了承ください。


こんなにかわいいワンチャンに実際に会ってみませんか!?
あなたも愛犬とともに、10月25日の
ドッグガーデンイベントへ足を運んでみてください!!

10.07.00:01

近い将来 遠い将来



自分はどうすれば「幸せ」なのか考えます。



お金持ちになったら幸せ?


愛する人と一緒にいれたら幸せ?


絵を描けたら幸せ?




これを考えるとキリがありません。



けれど、人生を楽しむ方法を探すためには
避けては通れません。



実は、副業もやってます。
もちろん生活は まぁ安定します。

けれど、切羽詰らない環境では
「絵で飯を食うぞ!!!」という意気込みは

どうしても減ってしまうのです。


これが、吉とでるか凶とでるかは自分次第。






目標を見失わないよう


現実を見て


近い将来を考え


遠い将来を想像します。





わたしはアーティストですから。



自分の未来も 想像し 創造しなければ!!!






自分の絵を見てもらえることも幸せですが。

誰かに絵を教えるのも ほんと 好きです。



遠い将来。 そういう環境に創造できたら しあわせだ。


10.06.00:47

おひさしぶりです


長い間このブログを凍結させました。
ご心配をおかけしました。


本日から再開いたします!!

さて、ブログはお休みしていましたが
絵描きとしての活動は行っています!



ご注文と共に
イベント出張することも増えました。

とても、ありがたいことです。
本当に貴重な場所と、お時間と、多くの感動を
ありがとうございます。


また、ご注文していただいた絵を
お渡しできた瞬間の笑顔が
私の活力なっています。





8月に引き続き
10月25日に、またドリームタウンALIのドッグガーデンのイベントへ参加させていただくことになりました!!


詳しい情報がわかり次第おつたえします!
そして前回のワンちゃんたちの似顔絵も
次回ご紹介します。


さて、私事ですが
ジョッパルという弘前の駅前にあるデパートが無くなるというニュースはご存知ですか??


私にとってはたくさんの出会いをくれた大切な場所のひとつです。


期間限定でさまざまなクリエーターたちが集まりショップを開き、わたしもそこに参加していました。

私はそのころ、筆を捨て、一眼レフでおしゃれな人・街・モノを撮ることに夢中になっていました。
仕事も絵とはまったくかけ離れた仕事で。
「絵」からは遠ざかっていました。


けれど、そこで私は多くの若いデザイナー・絵描き・クリエーター
そしてお客様に接し、私の中でずっと忘れていた…いいえ。忘れようとしても忘れられなかった熱いものを取り戻すことができました。


あの頃に、あそこで、私の絵と出会った人たち。
わたしが出会った人たち。

あの時間がなければ
私は夢の無い大人だったと思います。



そのジョッパルが無くなる。


寂しいですね。


けれど、出会いももちろん、
離れることでも学ぶことは大きい。

失って気づく。本当に小説やドラマの言葉じゃなく。
ほんとうに失ったときに、何を気づけるのか。


きっと、後退はしない。前進だ。


場所があるから出会いがあるのではない。
人がいるから出会いがあるのだ。
別れがあるから、振り返れる。
今の自分を。周囲の表情を。


いまを変えるということは
未来が変わるということ。




では、また明日。おやすみなさい。


09.01.03:31

ぱちぱち


火がついたときよりも


消えていく瞬間が美しいと


言っていた



花火のにおいが教えてくれた



終わりの合図と



始まりの合図




09.01.00:00

明かりを灯す


夜の海の砂浜



肌を冷ます風



あなたの灯した火が


あったかい。






<<< PREV     NEXT >>>